あわにゃん日記

はてなダイアリーサービス終了に伴い、はてなブログに引っ越しました。

イカワ珍道中2

昨夜はイカと、懐かしい宮崎の街で深夜3時過ぎまで飲んだ。
眠さがピークに達し、イカワが予約してくれていた1泊3000円の妙なホテルの部屋に戻った。
イカワは俺のために喫煙ルームを予約してくれていたが、なぜか非喫煙者イカワも喫煙ルーム。
「なんでおまえも喫煙ルームなん? 部屋に染みついたタバコの臭いは気にならんのん?」と聞いてみた。
すると、「インターネットで予約したんですが、喫煙ルームと禁煙ルームを1つずつ取るのが面倒だったんですよ。ほら、喫煙ルーム2つの方が楽じゃないですか!」とイカワ。


思わずツッコみそうになったけど、眠かったのでスルーして、並んだそれぞれの部屋の前で別れ、自分の部屋に入った。
ベッドに横になって、ついさっきのイカワの発言を真剣に3分くらい考えてみた。
…。
……。
って、ざっけんな!
いくら考えても、喫煙&禁煙ルームを1つずつ予約することが、なんで面倒なのか分からないし!
マウスで軽くポチポチするだけじゃねーのかよ!
ぷぷぷっ!


「やっぱりツッコミたいなー」と思い、ソワソワしてベッドから身を起こすと、俺は重大なことを思い出した。
やべっ!
まだ明日の結婚式のご祝儀袋を用意してねえ!
宮崎に着いたら、イカワとコンビニに買いに行くんだった!
すっかり忘れてたにゃー!
つぁはぁ〜!


と言うわけで、隣の部屋のイカワを呼び出し、一緒にコンビニに行って「ご祝儀袋×2、筆ペン×1」を買った。
そして俺の部屋に2人で戻り、それぞれ筆ペンでご祝儀袋に名前を書いた。
ピン札は俺がイカワの分も用意してあげていたので、イカワの小汚い1万円札3枚と交換してあげた。
よし、名前も書いたし、ピン札も入れたし、これでご祝儀袋は完璧にゃー!
おっけーおっけー!


作業が完了し、眠い目をこすりながら、イカワはコンビニ袋にご祝儀袋を入れ、自室に帰っていった。
俺もしばらくして眠った。


次の日、朝9時過ぎにホテルをチェックアウトした。
雨が降っていたので、ホテルのフロントに頼んで、タクシーを呼んでもらった。
当然、今日のイカワはスーツを着ていた。
ちゃんとネクタイを締め、ちゃんと革靴も履いていた。
なぜかちゃんとしたイカワのスーツ姿に、少しガッカリした自分がいた。
どこかでイカワのミラクルを期待していたらしい。
だはー。


タクシーが来るまでしばらく時間があったので、俺は昨夜用意したご祝儀袋をカバンから取り出し、スーツの内ポケットに入れていた。
すると、その姿を見たイカワが、急にソワソワし始めた。
「あれっ!? 僕、ご祝儀袋、持ってきましたっけ!?」と。
…はぁ?
…知らねーし!


そしてイカワは、1泊なのにバカでかいキャリーバッグをホテル前で全開にして、大捜索を始めた。
しばらく奮闘したのち、「あ、部屋の中だ!」と何かを思い出したイカワは、チェックアウトしたばかりの部屋に再び戻っていった。
ニヤニヤしながら見ている俺と、憐れむような目で見ている、ちょっと前に到着したタクシーの運転手…。
ぷぷぷっ!


3分後、イカワがご祝儀袋を手に戻ってきた。
聞くところによると、昨夜ご祝儀袋をコンビニ袋に入れて俺の部屋から自分の部屋に戻り、そのままの状態で部屋に置いて眠ったらしい。
そして今朝、そのコンビニ袋をゴミだと勘違いして、ゴミ箱に入れてチェックアウトしてしまったらしい。
って、ざっけんな!
1泊3000円の部屋で、おまえはお掃除のオバちゃんにチップを3万円払うとこだったのかよ!
アホすぎて、もはや救いようがないし!
ぷぷぷっ!


そんな楽しい朝のひと時を過ごし、女の子Iの結婚式会場であるシーガイアに乗り込んだ。
そして、朝10時半から挙式、昼12時からの披露宴に参加した。
医師同士(しかも医師の子同士)の結婚式のため、老いも若きも会場はお医者さんばかりだった。
ポリクリ班のアゴーくんイシイさんを始め*1、一緒に卒業した同級生たち、新郎側の友人として参加していた、俺が留年する前の元同級生たちにも数年ぶりに再会でき、とても楽しかった。
その上、知らないお医者さんたちにも、「あわにゃんさんですよね? ブログのファンです! まさか、こんなところで会えるとは!」などと喜んでいただき、嬉しかった。
だはー。


新婦の女の子Iはもともと美人だけど、美しいウエディングドレスを着て、さらに美しくなっていた。
式はかなり豪華で、それでいてとても感動的で心温まる、素晴らしいものだった。
女友達の結婚式って初めてだったけど、これもいいもんだにゃー!
だはー。


男の子なので最後まで泣かないように頑張ったけど、ふと横を見ると…。
って、ざっけんな、イカワ!
おまえ、号泣してんじゃねーか!
危うくご祝儀を忘れてお車代だけもらうところだったくせに、感動してんじゃねーよ!
ぷぷぷっ!


楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、帰りもイカワと一緒に、夕方の飛行機で宮崎を去った。
忙しい毎日の中で、久々にとても楽しい2日間だった。
この2日間で、普段の1ヶ月分くらい笑ったにゃー!
明日からもお仕事がんばろー!


あ、女の子Iさん、お幸せに!
いい結婚式で、こっちまで幸せな気持ちになれたにゃー!
って、ざっけんな、イカワ!
おまえがアホな事件をたくさん起こしたせいで、結婚式自体の話が短くなっちゃったじゃねーか!




*1:もう1人のポリクリ班員・アオヤマくんは、電話番号変わっていて音信不通…(苦笑)。