あわにゃん日記

はてなダイアリーサービス終了に伴い、はてなブログに引っ越しました。

俺の好きな人

昼に起きると、軽く頭が痛かった。
どうやら、昨日飲みすぎたらしい。
いつもなら学校へ行かない感じのだるさだったが、実習中なので、身体にムチを打って学校へ行ってみた。
最近、廃人から更生しつつあるな。
だはー。


実習を終え、部活へ行くと、もう終わっていた。
グラウンド整備だけして、帰宅した。


帰ろうとしたら、講義棟で1つ後輩の柔道部のイワキくんに会った。
俺は、イワキくんが大好きだ。
留年した去年、生理学実習で班が一緒になり、仲良くなった。
生理学実習、ちょうど1年前くらいだな。


そのときの俺の班は、俺以外全員とてもマジメな人たちだった。
実習の空き時間には、班員たちはプリントを広げ、ディスカッションに向けて勉強をしていた。
俺は正直、「居心地悪いなー」と思っていた。


そんなとき、同じ班のイワキくんが初めて俺に話しかけてきてくれた。
「アワヤさん、この班の人、勉強しすぎじゃないですか?」と。
「あ、こんなところに仲間がいた!」と思って、とても嬉しかった。
でも、イワキくんは俺と違って、嫌々ながらもプリントを広げ、勉強していた。
だから、俺よりは偉いなーと思っていた。


ところが、イワキくんは「俺なんて、さっきから勉強してるふりして、実はずっとボーっとしてるだけなんですよ」とこっそり教えてくれた。
ぷぷぷっ!
ボーっとしてたのかよ!
っつうか、勉強してるふりしなくていいじゃん!


この1件以来、実習中、ずっとイワキくんに注目して過ごした。
イワキくんはできるだけ目立たないようにサボろうとするから、その手法に注目していると、とても面白かった。


そんなイワキくんは惜しくも留年してしまい、今年は違う学年になってしまった。
と言うわけで、今日は久々にイワキくんと話せてラッキーな気分だった。
イワキくんは「あわにゃん日記読んでますよ〜」と言っていたので、嬉しかった。
また、同じ学年になれたらいいね。
って、リアル過ぎて笑えねーよ!
ざっけんな!